戻る シマノをもっと知る

安定性。思い通りにカスタマイズ。俊敏。直感的。精密。信頼性。シームレス。これらはすべて、シマノのDi2ワイヤレス電動シフティングでの体験を正しく説明するのにふさわしい言葉です。そして今回、新たなSHIMANO 105 Di2 R7100シリーズの登場に伴い、そのリストに「手ごろな価格」という言葉も加えることができるようになりました。

シマノDi2 Deep Dive

しかし、Di2とは実際のところ何なのでしょう。そしてそれは、あなたにとってどのような意味があるのでしょう?極めてシンプルに言えば、Digital Integrated intelligence(デジタルインテグレーテッドインテリジェンス)と呼ばれるシステムは、自転車のシフトパフォーマンスや効率性の頂点に君臨するものです。今日の市場に存在する他のどのシステムよりも速く、より正確で、よりカスタマイズ性が高く、そして、より一層信頼できるシステムです。

ワイヤレスコックピットとシートチューブに収納されたバッテリーと機械式のフロント/リアディレーラー間の有線接続とを組み合わせたハイブリッドシステムを採用することで、シマノDi2はどのような状況下でも素早く正確なシフティングを約束します。エルゴノミクス設計の高性能シフトレバーのボタンを押すだけで、チェーンは希望する次のギアへと素早く、しかも静かに移動します。

足の疲労や突然の急坂で、うっかりギアショックを起こしてしまうことはもうありません。また、シフトミスなど、機械式のシステムで起こりがちなトラブルの心配をする必要もありません。安心感のあるワイヤレスシフティングによって、どんな場面でも快適なライドを楽しみながら、完全なコントロールをキープし続けることが可能です。 

すでに発売されているDURA-ACEやULTEGRA Di2システムを使ったことのある人に話を聞いてみてください。彼らは口をそろえてこう言うはずです。ギアチェンジをするたびにメンタル的にも肉体的にもエネルギーの消耗が節約でき、これはライド中ずっと、大きな強みになると。そして今、これと同じテクノロジーとパフォーマンスが、105レベルでも提供されるようになりました。Di2はサイクリストと自転車の間のシームレスなインターフェイスを実現するため、あなたは目の前のタスクに100%集中することができます。

シマノDi2のコンポーネントはその精密な設計により、スムーズで速く、摩擦の極めて少ないシフティングパフォーマンスを実現しています。つまりそれは、ドライブトレインのミスアライメントから生じる早期摩耗やパワーロスがないことを意味します。Di2はカセット上のチェーンの位置を把握し、フロントディレーラーを最適な位置に自動調整することでチェーン摩擦を解消します。

また、DURA-ACEやULTEGRAと同様に、SHIMANO 105 Di2はユーザーフレンドリーなシマノのアプリ、E-TUBE PROJECT Cyclistを使って細かくカスタマイズできます。例えば、変速スピードを調整したり、ボタン操作ごとのシフト数を変更したり、シンクロやセミシンクロ機能をONにするなど、自分の好みに合わせたドライブトレインのセットアップを楽しめます。

また、DURA-ACEやULTEGRAと同様に、SHIMANO 105 Di2はユーザーフレンドリーなシマノのアプリ、E-TUBE PROJECT Cyclistを使って細かくカスタマイズできます。例えば、変速スピードを調整したり、ボタン操作ごとのシフト数を変更したり、シンクロやセミシンクロ機能をONにするなど、自分の好みに合わせたドライブトレインのセットアップを楽しめます。

私たちは、シフトが必ずしも1段ずつ行われるわけではないことを理解しています。だからこそ、Di2はシフティングボタンを押すことで複数ギアを一度にシフトできるようにプログラムされています。これは、例えば下り坂から上り坂に切り替わるときや、ロードレース中やハードなグループライドを追いかけるときなどに最適なセットアップです。更に、シンクロナイズドシフトの機能を使えば、最小ギアから最大ギアまでのギアチェンジをシステムにプログラムすることも可能です。頭の中で計算する必要はありません。

こんな場面を想像してみてください:あなたは起伏の激しい地形を走っています。チェーンはギアレンジの中央部分にあるとしましょう。そのとき、急勾配の上り坂に差し掛かりました。さあ、あなたは小さなチェーンリングにチェーンを移動させてカセットの中央に留まるべきでしょうか?それとも、大きなチェーンリングはそのままで、チェーンを大きい方のリアコグに移すべきでしょうか?シンクロナイズドシフトを使えば、こんな論理的な問題を考える必要はありません。ギアの設定でチェーンリングの変更が必要な場合、シマノDi2はそれを自動的に検知します。これこそが、デジタルインテグレーテッドインテリジェンスのなせる業なのです。 

あるいは、もっと自分でコントロールしたい場合には、セミ・シンクロナイズドシフトを選択することも可能です。この場合、チェーンリングを移動させるとリアディレーラーが補正シフトを行います。これによって、シフティング直後にギアが低くなりすぎたり高くなりすぎたりすることを防ぐことができます。このとき、あなたがチェーンリングを変えるときのリアディレーラーのシフトアップ/ダウンのコグ数も選択可能です。あなたの好みやニーズに合わせて自由に調整してください。

さらに、E-TUBE PROJECT Cyclistを使ってGarmin®やWahooなどのサードパーティ製のサイクリングコンピューターとペアリングすれば、例えば選択中のギアやバッテリーの状態を確認することも可能になります。DURA-ACEやULTEGRAのシフターをお使いの場合は、Di2デュアルコントロールレバーのブラケット部分のボタンを使用してコンピュータースクリーンをスクロールすることもできます。つまり、バーから手を放すことなくタイムや走行距離をモニタすることができるのです。DURA-ACE、ULTEGRA、SHIMANO 105 Di2 12スピードレバーのいずれをお使いの場合でも、シンクロナイズドシフトを使用して片側のシフターにシフト操作を割り当て、もう片方のシフターをGPSスクリーンのスクロール用に使用することができます。 

シマノDi2のバッテリー寿命はクラス最長。Di2のメインバッテリーを1回充電すれば、約1,000 kmを走破できます(目安であり、変速頻度や走行環境によって異なります)。他のワイヤレスタイプの電動シフトシステムとは異なり、充電が必要なバッテリーは1個のみ。また、充電のためにバッテリーを自転車から取り外す必要もありません(シフトレバーに配置されたコンパクトな交換式のCR1632コイン型電池の寿命は最長3年)。万が一充電が少なくなってしまった場合でも、シマノDi2はあなたが無事に帰れるよう、フロントディレーラー側のシフティングが先に停止してリアディレーラーのシフト機能が長く生き残るように設定されています。 

家に帰ったときも、シフトケーブルのメンテナンスの心配はいりません。シマノDi2のセットアップは極めて簡単で(コックピットがワイヤレスであることを思い出してください)、一度正しく調整したら、あとは何年も調整不要です。あなたはただ、あなたの自転車でライドを楽しんでください。

関連するストーリー